「クスリのアオキ」センパイ社員の紹介 PEOPLE’S VOICE

薬局長のやりがいは、
信頼関係の構築で患者様が増え、
笑顔が広がること。

薬局長のやりがいは、
信頼関係の構築で患者様が増え、
笑顔が広がること。

野口 光隆

  • 薬局長
  • 2018年入社
  • 新潟薬科大学 卒業
  • 西本成寺薬局配属

富山エリアで一番規模の大きい薬局で
薬局長に。

入社2年目の4月から薬局長になり、6月には新規開局を担当しました。その後、富山エリアで一番規模の大きい薬局の薬局長を任され今に至ります。薬局長の役割は、日々の調剤業務はもちろん、従業員のマネジメントを行います。他の薬局へ応援に行くこともあり、担当薬局を管理しつつ、富山県内の薬局を回っています。地域ごとに受ける医療機関が異なるので他店へ行くたびに勉強になります。

一人ひとりとのコミュニケーションで
信頼関係を築くことが大切。

薬局長は月に1度薬局長会議があり、本部から「これをやりましょう」という共有事項の伝達を受けます。それを持ち帰って従業員に共有し、実践していくのですが、ただ伝えるだけでは行動につながりません。実際に行動に移してもらうためには、信頼関係がないと新しい提案も受け入れてもらえません。大切にしているのは、コミュニケーションをとりながら自ら行動すること、そして理論的に伝えること。そうして薬局が一致団結して動けるようになると、お客様の増加につながります。一人のお客様から信用されるとご家族を連れてきたりと、つながりは広がっていきます。みんなの力でお客様と向き合い、多くの方々に親しまれる光景を見ると、薬局長としてのやりがいを実感できます。

クスリのアオキの薬剤師は
お客様の生活を幅広くサポートできる。

ドラッグストアで働いているので、薬のことはもちろん生活指導などお客さんを幅広くサポートできるような薬剤師になることは必須だと考えています。また、クスリのアオキは生鮮食品も取り扱っているので、どういうものを積極的に食べたらいいのかをおすすめしたりと、食生活を支援するために栄養の勉強にも取り組んでいます。今目指しているのは、現場でしっかりと経験を積み、より大規模な薬局を担当してマネジメント力を高めること。ゆくゆくは本部で採用や新規開局に携わる仕事に挑戦したいです。

MESSAGE

これからの時代を見据えた
会社を選ぼう。

成長企業のクスリのアオキは、やりたいことにチャレンジできる環境が整っています。住宅地をメインに出店しているので、超高齢社会に対応できる地域密着はこれからの時代に必要な存在です。自身の成長と将来性を重視するなら最適な会社です。また、クスリのアオキは広範囲に店舗展開しているので、希望すれば全国各地で働くことができます。旅をするように働けるので、旅行が趣味な人にもおすすめです!